そもそも幹細胞とは?

 

ここではコスメ業界や医療現場で活用されている幹細胞とは、そもそも何なのかということについてお話していきたいと思います。

 

まず人体には約60兆個約200種類以上の細胞が存在しており、それぞれ細胞毎に異なった役割を持っています。そしてその中には決まった役割を持たずに、必要に応じて色々な役割の細胞になれる細胞が約1億個あると言われており、それらの細胞のことを幹細胞と呼んでいるのです。幹細胞には色々な細胞になれる多分化能と、自分と全く同じ幹細胞をコピー出来る自己複製能とがあり、人が病気や怪我をした時に該当箇所の細胞から発せられるSOSをキャッチして集合し、そこで分化や分裂を繰り返しながら失われた細胞を再生し補いながら、組織の機能を回復させるという働きを持っています。そしてこの幹細胞は元来は受精卵・ES細胞・成体幹細胞とに分かれています。

受精卵について

受精卵は全能型の細胞であり、受精直後から約2週間の受精卵のみが該当します。生命の源であり胎児や胎児を育てる胎盤等の、生命体を作り出す全ての細胞になれる性質を持っています。

ES細胞について

ES細胞は万能性とも言われており、受精卵が2週間経過して以降に増殖や分化が進み胎児になる部分と、それ以外の部分の器官になる部分とに分かれますが、この内の胎児になる部分をES(胚性幹細胞)と呼び、人間の身体を構成する全ての細胞になることが出来るのです。

成体幹細胞について

成体幹細胞についてですが、まず先程お話したES細胞は胎児になるにつれて消滅し、特定の系列にだけ分化の可能な多能性細胞になります。この細胞は人の体の様々な箇所に存在し、赤血球・白血球・血小板等になる造血幹細胞、神経幹細胞、皮ふ・骨・軟骨・脂肪細胞等になる間葉系幹細胞等があります。

 

幹細胞は最初にもお話したように、現在では再生医療に利用するための研究も進められていて、こちらではES細胞や、ノーベル賞を受賞したIPS細胞、成体幹細胞の3つに分けられています。IPS細胞は血液や皮ふから採取した細胞に特定の遺伝子を注入し、特定の役割を持つ前段階の様々な細胞になれる状態に戻した人工多能性幹細胞となっており、ES細胞と同じく万能性があります。また患者本人の細胞から作る成体幹細胞も、人の体の色々な箇所に存在する多能性の細胞ですから、自分の細胞を用いて安全性の高い治療にすることを可能にしているわけなのです。