シグナペプチドとは?

 

シグナペプチドとは?ここではシグナペプチドという成分について、お話していきたいと思います。シグナペプチドとは厚労省認可の再生医療センターという所は開発した、最先端の幹細胞美容液シグナリフトに含まれている成分の中で、独自に開発された成分です。この成分は脂肪幹細胞研究に基づいてサイトカインデリバリーを可能とした、独自のコンプレックス成分となっています。このシグナペプチドによって従来の化粧品では実現出来なかった、皮下組織に存在する脂肪幹細胞の活性化に成功して細胞そのものの持つ自己再生力を引き出し、質の高いコラーゲンの生成も可能となったのです。ちなみにサイトカインデリバリーとは細胞に刺激を与え、サイトカインという情報伝達物質が組織を超えて対象細胞にシグナルを送り、活性成分を産生する働きのことです。

 

そしてシグナペプチドの開発の成功によって、シグナリフトは加齢に伴って減少する成分を一時的に補うだけの従来のスキンケアとは異なり、細胞の活性化により肌の老化の原因の根本的解決を可能にした最先端の幹細胞美容液として、大いに注目を集めることとなりました。細胞に働いて様々な作用を発揮するシグナペプチドには、主な効果や働きが3つあります。まず1つ目は表皮に存在するセラミドの保湿機能をサポートし、肌のバリア機能を高めることにより外部からの刺激をブロックする保湿効果です。そして2つ目は真皮でコラーゲンを産生する線維芽細胞をサポートし、弾力やハリのある肌に導くハリケアの効果です。最後の3つ目はコラーゲンを始めとする様々な細胞を生み出す元となる脂肪肝細胞をサポートし、肌の細胞を助けることにより、毛穴・くすみ・シミ・シワ・たるみ等のエイジングケアをする働きです。

 

シグナペプチドは、このように有効成分の届かないシグナルを送ることによって、乾燥・シワ・たるみ・毛穴・シミ・くすみ等のエイジングサインにアプローチをし、様々な肌トラブルを改善してくれる成分なのです。また肌そのものの再生力を活性化させることにより、それから後も健康な肌をキープする効果が期待出来ます。アンチエイジングにより効果的な美容液を探している女性には、最適の美容液と言えるでしょう。